2021-12

スポンサーリンク
発酵

|お酢|選び方と自宅で簡単作り方

お酢の語源は口に含んだ時にスッとする感覚の『す』なんだそうです。フランス語で酢の意味のvinaigreはvin(ぶどう酒)、aigre:(すっぱい)の合成語でつまりは、お酢はお酒がスッぱくなってできたものなんですね そんなお酢の選び方と自宅でお酒から酢の作りかたを解説していきます。
発酵

|知っておきたい|お酢の種類と様々な効果

米酢の場合は米を麹でアルコール発酵させてお酒を造り、酢酸菌でお酒を酢酸(さくさん)発酵させてお酢ができているのです。 お酒があれば酢ができるので世界中に沢山の種類の酢があります。それらの違いを詳しく見ていきましょう
発酵

|先人の知恵|柿酢の効果と作り方

柿は果物の中でも栄養価が高くそれを表した言葉が『柿は実も葉もヘタも丸ごと使える成人病の薬』『柿は人類最古の栄養食』 『柿が赤くなれば医者が青くなる』などの言葉があります。そんな柿を酢酸発酵させたものが柿酢です。
乳酸菌発酵

|白菜キムチ|本場韓国と日本のキムチの違い

キムチの語源は”野菜の塩漬け”を意味する『沈菜(チムチェ)』が長い年月で形を変えて『キムチ』に定着したと言われています。 18世紀から唐辛子が使われるようになり19世紀にキムチに適した白菜が栽培されるようになったことで現在の本場韓国キムチの姿に整うようになりました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました